bk-pacha’s blog

私は島根の吉賀町でツル科の植物を使って「かご」を作っている者です。

縄文ポシェットから今後の展望が見えた!(2)

      

ここ数年「つづらかご」の販路を切り開く難しさの中で、度々心が折れそうになっていた私は、この図録の「縄文ポシェット」のお蔭で今後の方針が定まった。
あれこれと悩むのはもう止めて、販路拡大に向けて大きく舵を切ろうと決心した。
それには、
*昨年から取り掛かっていた、「ネット販売」ができるようにすること。
*pacha(ぱちゃ)では月に一度「カゴ編の体験」ができるよう体制を整えていく事。

 

                          f:id:bk-pacha:20181016114859j:plain

と言っても、やがて古稀を迎えるようになった私です。
残りわずかな時を、多くの方との出会いを頂く事で、

ともに語らい、笑い、楽しく過ごす事ができることを願っています。

 

この度の「縄文ポシェット」との不思議な出会いは、               

編みの中の「編み」のジャンルを追求してきた私にとって、

その魅力を改めて思い起こさせてくれました。
先人の知恵を頂き、それを伝える努力をすることを通して、

自然の恵みを授かる幸せを、じっくりとあじわってみたいと思います。

f:id:bk-pacha:20181016130241j:plain   

f:id:bk-pacha:20181016131307j:plain

                 

 

 

縄文ポシェットから今後の展望が見えた!

この度の、三越・広島カリス成城「癒しフェアー」2018の会場に、東京から来られた一人の女性が、私の作ったつづらかごの前に来られて、
「このかごを見て何故かしら思い出したわ! 東京で見た縄文展の中にあったカゴ。それがとっても素敵だったの。」
「何となく似ているのよ! 是非あなたにも見て欲しい。」
「縄文ポシェットよ!」と繰り返し云われる。

                       f:id:bk-pacha:20181012152214j:plain

 私は東京国立博物館ミュージアムショップに電話をし、「縄文 一万年の美の鼓動」の図録を送って頂いた。
その中に、~縄文の手仕事の温かみを伝える一品~木製編み籠「縄文ポシェット」と題された写真が載っていた。それは青森県青森市三内丸山遺跡から出土し、籠の中にはクルミの殻が一つ残されていたという。可愛らしいその籠は、ほぼ当時のまま出土されている。
私は奇跡だと思った。と同時に、私が作り続けてきたツヅラフジを材料とした籠も、縄文時代から既に作られていたのかもしれないとも思った。
私は大いに感動した。そして東京の彼女に感謝した。

f:id:bk-pacha:20181012151940j:plain

                           

広島三越「カリス成城・癒しフェアー」を終えて

「販路開拓に向けて 」

今年も頑張りました。

でも、そんなにたやすくは行きませんでした。

販売には販売の、専門的な知識が必要なのですが、素人の私には実に難関です。

始めは、作って行ったものを無造作に並べました。

すると、お客様は眼も止めずに通り過ぎて行かれます。

 

f:id:bk-pacha:20181006142201j:plain

会場の様々な方のアドバイスにより、布で色を添えたり、

高低を付けたり。

ある種の物を全部引いたり。

 そうするうちに、何となく落ち着いてきて・・・

f:id:bk-pacha:20181006145154j:plain 

ホッとして見詰めていると、いつのまにかお客様の足が止まり、

手に取ってご覧いただけているのに驚きました。

ディスプレイには物語も必要との事・・・

        

        作る段階から、間違っていたのかもしれません。

        今後は、なんでもかんでも作るのではなく、

              もっと絞り込んで、

   ※自身の目的を定め、明確に打ち出して行く事が大切だと気づきました。

 

広島・三越での「カリス成城癒しフェアー」に向けて準備する中で。

何故か、私の頭の中は過去をめぐるのです。

中でも、記憶に新しい「ぶなの里」さんでの展示期間中、

何度か会場を訪れる内に感じた事。それは・・・

 

「pacha」の焼き印のタグはできのですが、

このタグに対して、これまで使っていた厚紙のタグは・・・

何だか似合わなくなっている事に、気付かされたのです。

f:id:bk-pacha:20180728105633j:plain 

f:id:bk-pacha:20180728111114j:plain

どうすればいいのか・・・

考える内に何故か「三角がいい!」と思いました。

 

f:id:bk-pacha:20180728110208j:plain 

f:id:bk-pacha:20180728111334j:plain すると、スッキリしました。☺

これでまた、なんとか前に進めそうです。

f:id:bk-pacha:20180728112334j:plain

ホッとして庭に出ると、野茨のような花が咲いていました。☺

エッ! いつ植えたっけ! ☺

 

 

 

 

 

 

 

 

広島・三越での「カリス成城癒しフェア」出展

9月25日(火)~10月1日(月)までの一週間

「カリス成城癒しフェア」に出店が決まりました。

 

「カリス成城癒しフェア」は

~自然からの贈り物~

「ひと、からだ、ここころ、ひとにやさしい」自然からの贈りもの・・・と題してのイベントです。その開催期間中にカゴ編の教室が一日入ります。日にちはまだ分かりませんが後日、改めてお知らせ致します。

是非ご参加ください。☺

 

f:id:bk-pacha:20180711145728j:plain  f:id:bk-pacha:20180711150108j:plain

 

 

 

6月・㋆、「ぶなの里」さんでの展示期間、終了

㋆末日、「ぶなの里」さんでの展示期間を終了致しました。

「ぶなの里」さんのログハウス調のスペースの中で、私の作ったカゴたちは当然のことながらpachaにいる時以上に、しっくりと溶け込んでいるように見えました。

期間中、当会場にお越しいただきました皆様に、深く感謝申し上げます。

有難うございました。

 

搬出の日は大雨で、一時は延期も考えるようでしたけれど、思い切って出かけて良かったと思いました。「ぶなの里」さんに到着した頃、雨は小降りと成り、思いの他早く搬出が出来ました。

そして、沢山の「きづき」を頂けました。

f:id:bk-pacha:20180711132309j:plainf:id:bk-pacha:20180711132438j:plain

 

f:id:bk-pacha:20180711132826j:plain 自宅に帰り、名護欄の花に目をやると「お帰りなさい!」とばかり、花の上にカエルがいました。搬出後のちょっぴり寂しい思いが吹き飛びました。☺

「ぶなの里さんでの展示期間中」

pachaの庭の手入れ

今日も雨は降らず、御蔭で庭の手入れをしています。

本当は、9月の広島に向けて物づくりを始めたい・・・

でも、気持ちがそちらに向かわない。

これまでとは違った何かを編み出したい。

いつもそう思うのですが、出来て来るのはカゴ、カゴ、カゴ。

f:id:bk-pacha:20180615135114j:plain

f:id:bk-pacha:20180615135304j:plain カゴ編をしているのだから当たり前。

そう、先回よりもコンパクトなもの。

人にやさしく、自然(地球)にも優しい物づくり。

自然素材(ツヅラフジ)ならではの癒しの空間を演出できるそんな物づくり。

そして、身に付けて楽しめる物づくり。

そんな事を考えながら、pachaの庭にいる。

 

pachaのホームページはこちらです。

https://www.vine-craft-pacha.com/