読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bk-pacha’s blog

私は島根の吉賀町でツル科の植物を使って「かご」を作っている者です。

私は津和野を引き上げました。

1994年 様々な事が重なり、私はその重圧に耐えきれませんでした。

    もう二度と立ち上がれないと思ったものです。

 

1995年 一年間は、何も考えられませんでした。

    思い出しては只、涙していました。

 

1996年 その涙も枯れ果てた時、「つづら工房」での残骸に目を向け、改めて

    このままでいいのだろうかと考えるように成りました。

    私は、自分が生涯歩み続けると決めていた「つづらみち」をここで断つのか

    と、自問自答を繰り返すように成り、思い切って友人に全てを打ち明ける

    決心をしました。

    友人は益田と出雲の人で、わざわざ柿木村まで来てくれました。

    随分、話しました。

    やがて友人は、

    「ふーーん、ちづるさんは、それで止めるの?」「止められるの?」

    「いえ、きっと止められないわ!」

    「こんなところでグズグズしてないで、何かしましょう!」

    「そう! 作品展がいいわ!」

    「岩国の鍛造の彼と私のとちづるさんのつづらで、作品展をしましょう。」

    「場所はここ! 柿木村で!」

    

友人の熱い思いが全身に伝わり、本当に有難かった。

辛かったことも、理不尽なそれも、全てかなぐり捨てて友人に支えられ

再び作ろうと決心した。そして、この時頂いた御恩は絶海に忘れないと思った。

今でも、感謝しています。

 

かきのきむらの「ふれあい会館」で「ワイルドアート展」

f:id:bk-pacha:20170406102644p:plain

f:id:bk-pacha:20170406102727p:plain

f:id:bk-pacha:20170406102810p:plain

柿木村の小学校の生徒さん、保育園児さん、遠方の方から地域の方まで等、沢山の方にご来場頂きました事、まるで昨日のように思い出します。有難うございました。